保険においては問い合わせた時の対応

保険を問い合わせて担当者に会ってみよう

最近、保険相談が簡単に出来る窓口が増えています。特徴的なのは保険会社に関係なく中立的な立場でアドバイスをしてくれることです。なぜこのシステムが画期的なのかというと、じつは生保レディなどが他の保険会社の商品を勧めることは規約に反するからです。あくまでも自社の商品を売り込むことしか出来ません。もちろん、他社の製品を悪くいうことも出来ません。当たり前のことですが、仕事熱心な社員ならば他社の保険に関しても勉強し、知識を持っているものです。違いや特徴を説明してくれる担当者は信頼できると言って良いでしょう。ここがダメ、あれが悪い、と言うような担当者には注意が必要です。いくら中立的な立場で保険を選んだとしても、いざ契約を結べば問い合わせをしたときに訪れるのはその保険会社の担当者になります。意外と知られていないことですが、担当者は変えることが出来ますのでなにか問題があれば保険会社の相談窓口に問い合わせてみましょう。

健康なときは何かと煩わしい生保レディや担当者ですが、いざという時に助けになるのも実は彼ら達です。保険はこちらからアクションを起こさなければ保険金など受け取れません。そんな時、スムーズに保険金の受け取りまでを手伝ってくれる担当者。診断書や領収書など、分かりにくい保険金請求の仕方も任せることが出来ます。最近では全てオンラインや電話だけで済むものもありますが、やはりお年寄りの間などでは目と目があって話せる担当者は頼りになるのかもしれません。