保険においては問い合わせた時の対応

保険についてもっと問い合わせをするべきです

全ての人がそうだとは言えないと思いますが日本人は契約などの時に解らないことや疑問に思ったことなどを相手に聞かずに相手の話だけを聞いて終わらせてしまう傾向が強いと感じています。その中でも保険の契約は後からの保障にも大きな影響が出てくるので加入の時もそうですが加入後も気になったことなどがあればもっと積極的に問い合わせをするべきだと思います。一度聞いても解らなければそのままにするのではなく理解できるまで何度でも聞くことは加入者に与えられている権利なのです。ちゃんと保険料も払っているのですから気兼ねすることなく何度でも聞いて良いのです。加入後だけではなくて加入時でもどんなに時間がかかっても解らない部分はちゃんと聞いて理解してからでも加入するんpは遅くはないので相手に遠慮する必要はないのです。

こちらが解らないことなどを質問してそれに答えるのが保険会社の人の仕事なので長時間質問をしたら迷惑になってしまうのではないかと気兼ねする必要はないのです。しかし日本人の美徳とされている遠慮という言葉の意味を勘違いしてしまっている人も多いせいか自分の正当な権利を行使しない人が多いようです。自分が加入する商品について詳しく聞いて理解したいということは正当な権利です。そうでなければ加入後の保障を受け損なったりしてしまいます。それに解らないことを聞くことは恥ずかしいことではないし理解できるまで聞くこともいけないことではないのでしっかりと理解することが重要です。